2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

選べる木造提案住宅 Jステージ・シリーズJ-WARM 高断熱・高気密の家

四季を通じて均一な室温・湿度で快適な暮らし。

J-WARMは、四季を通じ快適な室内環境にこだわり、気密・断熱性能をグレードアップ。これにより、エネルギーロスをより抑えたエコな暮らしを提案致します。

高気密・高断熱性能

J-WARMならではの次世代省エネ基準を超える性能

高気密高断熱の省エネルギーの住まい。最高レベルの温熱環境等級4をクリアすることで、エネルギー使用の削減につながりCO2排出を低下させます。
※地域により異なります。

Q なぜ、高断熱高気密の家が良いのですか?

A 今までのように、暖房をしている部屋のみが暖かく、廊下やトイレは寒いという家ですと、ヒートショックと呼ばれる温度差で健康を害する事がありました。しかし、家全体を高性能な断熱材で覆う家は、家の中での温度差が少なく、健康に良い家となります。また、光熱費も、一般住宅(旧省エネ基準)と比べると、年間10万円※1 近く下がり、家計にも地球環境にもやさしい家となります。
※千葉県での当社試算

高性能トリプルガラス樹脂窓

窓は熱の出入りが一番多い場所です。ダブルLow-E膜のトリプルガラスが実現した、世界トップクラスU値:0.91の断熱性能。先進の機能を持つ窓で、消費エネルギーを削減。快適性の高い暮らしを実現します。


図を拡大する

Q なぜ、トリプルガラスがいいの?

A 家から逃げる熱の大半は、窓から逃げていきます。冬場窓廻りが結露しやすいのも熱が逃げているからです。最近では、ペアガラスが主流となりましたが、このトリプルガラスは、ペアガラスの倍以上熱を逃がしません。高断熱・高気密の家にトリプルガラスは欠かせません。

熱交換換気システム

高断熱高気密の家でも換気によってせっかくの快適な温度の空気が逃げてしまっては意味がありません。この熱交換型の換気システムで健康、快適に空気の入替えをします。


図を拡大する

Q なぜ、熱交換換気システムが必要なの?

A 家の中で、窓の次に熱が逃げるのが換気口です。通常の換気口ですと温めた空気を外に出し、冷たい空気を家の中に取り込むことになります。そこで、熱交換換気システムを使って、冷たい外気と暖かい室内の空気を温度交差させ、空気を暖めてから室内に取り込みます。もちろん、光熱費も節約できます。

高レベルの省エネ性能


図を拡大する