2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

品質2:ゼロエネ品質人にも環境にも優しいゼロエネの住まい
「高断熱・高気密の家」

高断熱・高気密の家の外観イメージ

夏は涼しく、冬は暖かく。断熱性・気密性を高めた住まいは気候の影響が少なく、年間を通して快適に過ごすことが出来ます。

住宅メーカートップクラスの断熱性能。新築全棟に「認定証」を発行

日本ハウスHDは、高水準な断熱性能をさらに高め、先進の断熱基準「Heat20 G2レベル」や、「ZEHプラス基準」を実現しました。

UA値は「館」「極」では0.25、「輝」「雅」では0.3(※本州は0.37)

気密性の高さが、エネルギーのロスを半減

住まいの気密性はすき間が多いと内外の空気が出入りしやすくなり、冷暖房の効率も低下してしまいます。そのため、日本ハウスHDは、すき間の量を表す「C値」を向上。次世代省エネルギー基準をはるかに上回る、圧倒的な気密性能を実現しています。

C値は北海道で0.5以下、本州で1.0以下

省エネの暮らしを支える高性能な断熱構造「館」「極」

安定した床下温度を保つ床下断熱

一般的な工法では用いられない※1床下断熱を採用。

床下断熱に押出法ポリスチレンフォームを使用
断熱・気密性能を高める壁構造
壁構造断面図
開口部性能を高めるトリプルガラス※3
トリプルガラス断面図

結露やカビを防ぐ、健康な暮らし

冬でも室内の壁面温度を高く保ち、結露やカビの発生を抑制。ぜんそくやアトピー性皮膚炎といった健康面での改善効果も期待できます。

断熱性能の高い家は結露やカビが発生しにくい
断熱と健康面の改善効果の表

3つの品質トップ