2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

直営工事

直営工事・専属の棟梁、職人がつくる。顔の見える家づくり

日本ハウスHDでは「つくり手」の顔が見える直営工事と棟梁システムの家づくりにこだわっています。 一生に数回の大事業、お客様と密なコミュニケーションと責任の施工体制にて1棟1棟、大切に仕上げてまいります。

窓口一貫システムで綿密なコミュニケーション

高額で形の無いものを販売するのが住宅産業。その為、担当者とお客様の間で口約束の「言った、言わない」のトラブルも多い。そこで日本ハウスHDでは「言葉の領収書」として打合わせ事項を複写便箋に残し、約束を守る証をたてる筆談を実践しています。
最初のご相談の段階から、敷地調査、設計、工事、完成にいたるまで同じ営業マンがお客様の窓口となります。お引渡しまでお客様と綿密なコミュニケーションを絶やさないための工夫です。

専属の棟梁・職人がつくる一棟入魂の家づくり「棟梁システム」

棟梁システムは棟梁を中心に技と心が響きあう家づくりです。 棟梁は、その昔から、地域に根づき、技と知恵と誇りにあふれた家づくりをするスペシャリストでした。 その心意気をまっすぐに受け継いで、思い出に残る、感動できる家づくりのお手伝いをします。

施工体制の違い

図を拡大する


3つのこだわりトップ