商品紹介

建築素材「檜」にこだわる日本ハウスHDの賃貸併用住宅。

3階4階建ての「G-レジデンス 34」と2階建ての「プライムステージ」で、将来の安心設計を立案します。

檜集成材がもたらす、丈夫で長持ち、高耐久な賃貸併用住宅。

檜は腐りにくく、
シロアリにも強い最高の素材

檜は、リラクゼーション効果や殺菌抗菌作用もあり、住宅の木材として最も優れています。この檜を経年変化の少ない集成材にして構造材として使用しています。高精度の加工技術で高品質の部材を厳選し、丈夫で健康的な住まいをご提供します。


構造材は「科学の木・集成材」を使用

  • 構造材は、無垢材の1.5倍の強さを誇る構造用集成材を使用しています。
  • 構造材はすべて、JAS(日本農林規格)のはく離試験や強度試験を受けた構造材です。
  • 柱・土台には、檜の集成材を使用しています。

  • 耐火性能

    準防火地域・防火地域にも対応する火災に強い構造

    火に強い「木の家」

    木は熱せられると表面が炭化して、内部に火が及ぶのを阻止します。長時間強度が維持でき、火災からご家族の命を守ります。


    図を拡大する


    省令準耐火構造仕様

    火災に強く、火災保険料も優遇される省令準耐火構造仕様。


    火災の延焼を抑え、
    避難する時間をつくります

    構造内のファイヤーストップ材を強化し、万一の火災の場合に壁や天井からの延焼をより少なく抑えます。


    耐火構造


    図を拡大する

    45分準耐火構造


    図を拡大する

    遮音性能

    上下階や隣の音の問題を軽減

    LH-65・LL-70
    賃貸ALC遮音床パネル4重構造仕様

    上下階の音の問題を軽減する4重構造を採用。構造用合板28㎜、ALC遮音床パネル36mmの剛床システムを採用する事により、高い遮音性能を実現しています。
    ※準耐火構造・耐火構造の場合には、一部仕様が異なります。
    ※床遮音性能 LH-重量衝撃音、LL-軽量衝撃音は、部屋の広さ、プラン、内部仕上げ等の違いにより遮音性能が変わる場合があります。


    賃貸用界壁構造

    隣家との界壁は、強化石膏ボードを両側面に2重貼にし、吸音材を挟んだ遮音性の高い界壁を採用。生活騒音の低減を図り、入居者のプライバシーに配慮しました。
    ※準耐火構造仕様の場合には、強化石膏ボード12.5㎜2重貼耐火構造仕様の場合、強化石膏ボード21㎜2重貼


    外観・間取りプラン

    2階建賃貸併用住宅1F賃貸/2Fオーナー



    延床面積
    158.50㎡(47.94坪)
    1階床面積
    66.00㎡
    2階床面積
    92.50㎡
    1住戸専有面積
    22.00㎡(6.66坪)



    2階建賃貸専用住宅



    延床面積
    263.78㎡(79.79坪)
    1階床面積
    135.24㎡
    2階床面積
    128.54㎡
    1住戸専有面積
    60.53㎡(18.31坪)



    3階建賃貸併用住宅




    延床面積
    327.19㎡(98.97坪)
    1階床面積
    117.84㎡
    2階床面積
    121.06㎡
    3階床面積
    88.29㎡
    1住戸専有面積
    24.97㎡(7.56坪)
     
     



    3階建賃貸店舗併用住宅




    延床面積
    307.56㎡(86.75坪)
    1階床面積
    97.29㎡
    2階床面積
    123.52㎡
    3階床面積
    86.75㎡
    1住戸専有面積
    24.97㎡(7.56坪)