2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

こだわり3:安全・安心ユニバーサルデザイン

子どもにも高齢者にもやさしい、1メーターモジュールとバリアフリー設計。

日本人の体格は戦後大きく改善し大きく伸びてきました。しかし住宅の基本寸法となるモジュールは従来と変わらない910mm(尺)モジュールがいまだに主流となっています。
日本ハウスHDは時代が求める家づくりとして住宅の基本モジュールを910mmから1mに大きくしました。

モジュールを大きくすると、部屋が広くなるのはもちろん、車椅子でもスムーズに通れる廊下、横幅の広いトイレなど 全ての年代の方が快適に暮らせる住まいとなります。

1メーターモジュールの家

メリットの多い1メーターモジュールの住宅ですが、その特殊な寸法から建築費が割高になる事もありました。 そこで、日本ハウスHDではすべての住宅を1メーターモジュールにする事で設計・施工の合理化を図りこの問題を解決しました。

3つのこだわりトップ