2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

こだわり1:檜・構造地震に強い家

実大振動実験で高い耐震性能を実証!阪神淡路大震災の200%加振に耐えた!

実大振動実験により、阪神淡路大震災の2倍の振動を与えても十分な耐震性能があることが実証。
グッドストロング工法では、揺れによる強度低下を抑える「制震パネル」をプラス。

やまとシリーズ:グッドストロング工法

伝統の工法に、独自開発の新しい技術を融合させ、「耐震等級3」の地震に強い家をつくります。

強い柱

「檜無垢柱」の強さの秘密

太い柱が建物を守る

4寸(120mm)と3.5寸(105mm)では、柱の太さの差は断面積で1.3倍ですが、最大荷重は1.9倍の実験結果があります。 地震等による上下動に対し、太い柱の方が建物をより安全に支える事がわかります。


強さを高める加工

「檜無垢柱」4面に切溝を入れる事でさらに、強度と耐久性を高めます。


試験で実証された強さ

岩手県林業技術センターでの強度試験にて「4面切り溝 檜無垢柱」の優れた強度と耐久性が実証されました。

強い床

ストロング床組

2階の床構造を強化することにより、揺れの力をスムーズに分散。建物の耐震性を向上させる働きをします。

強度実験でも床倍率6.7倍という
最高水準の剛性を実証

  • 日本ハウスHD6.7倍
  • A社6.5倍
  • B社5.14倍

強い壁

高倍率耐力壁パネル

高倍率耐力壁パネルは「壁倍率5.0」「壁倍率 3.7」「壁倍率3.0」の国土交通大臣認定を取得。 床と一体になって地震に耐える力を発揮します。

(公財)日本住宅・木材技術センターでの
強度試験

  • 日本ハウスHD48.12kN
  • A社47.7kN
  • B社47.5kN

柱部の太さは、他工法の1.2~2.2倍

「グッドストロング工法の柱部は、柱と壁パネル枠材との接合で断面積が大きくなっています。断面積が他工法の1.2倍~2.2倍。それだけ強度が高くなります。


図を拡大する

制震

制震パネルで地震の揺れを低減

パネル中央部にダンパー(地震エネルギー吸収装置)を設置。
プレートの間に粘弾性体を挟み、地震時プレートが上下に動きそれとともに粘弾性体が変形。 この動きで地震エネルギーを吸収。揺れを抑えます。

大地震時の2階床の揺れ幅を75%低減
(40坪総2階の例)

  • ※ 当社振動解析シミュレーションによる。
  • ※ 建物条件等により値は異なります。

震度5弱・中地震の5回繰り返しの場合、揺れ幅の増加

  • ※ 当社振動解析シミュレーションによる。
  • ※ 建物条件等により値は異なります。

当社実験により実証。最大強度は、筋かい壁の9.4倍


図を拡大する

  • ※ 筋かい壁を1.0とした場合の強度の比率
  • ※ 制震パネルの強度は、等価耐力評価((一財)日本建築防災協会の評価方法に準じて算出)による。

J・ステージシリーズ:J・エポック工法

科学の工法であるノンボルト金物工法に、木造軸組工法とツーバイフォー工法の長所を合体させた構造で、地震に強い家をつくります。


ノンボルト金物工法

他の金物工法のような折り曲げ成型金物ではなく、ロスワックス製法による 炭素鋼鋳造鋼製の一体成型金物です。 厚みは重量鉄骨級の6mm。


木軸+面構造(モノコック構造)

木造軸組工法と2×4工法の長所を合体させた、耐震性・気密性の高い工法です。 間取りの自由度が高い工法であり、また増改築が容易です。


実大振動実験で高耐震を実証

科学的・力学的にすぐれた「J・エポック工法」。 阪神・淡路大震災の1.25倍※の耐震性能が実証されました。

※ 神戸海洋気象台波の125%加震実験による。

3つのこだわりトップ