自給自足の家

日本ハウスHDは考えます。日本の将来、子どもたちの未来のために、住宅はどうあるべきか。 
自分で使うエネルギーは限りなく自分で創る。それは現代の住宅に求められる標準仕様です。

高性能住宅と太陽光発電で目指す 光熱費ゼロの家

日本ハウスHDの家なら、環境にも家計にもやさしい暮らしが実現できます。

POINT 1

夏涼しく、冬暖かい、
高性能住宅で光熱費を削減。

住宅性能は光熱費に直結します。日本ハウスHDの家は、壁と床に気密性の高い独自工法の利点を活かすことで、優れた断熱性能を発揮し、光熱費の削減に貢献します。


POINT 2

太陽光発電でつくった電気は、使う・売る。

電気利用料金の高い日中は太陽光発電による電力を使用し、余った分を売電に回します。給湯などに使用する電力は、料金の安い深夜電力を利用することで年間を通じて光熱費を削減することができます。

  • ※上記は一般的な家庭内の電気製品の使用をイメージ化したものです。
  • ※また太陽光発電は晴れの日を想定していますので、実際には天候などの条件によりこのイメージは異なります。

POINT 3

家の力と太陽の力で、年間光熱費ゼロを目指す。

一般的な住宅(※1)の光熱費を太陽光発電だけでまかなうのは困難です。優れた断熱性能を持つ日本ハウスHDの家なら、家そのものの力で光熱費を削減し、さらに、大容量の太陽光発電を搭載すれば、年間の光熱費をゼロにすることも可能です。

  • ※上記は当社シミュレーションによる。建築条件等により試算値は異なります。
  • ※1 昭和55年施行の断熱基準、現行の温熱環境等級2の家
  • ※2 太陽光発電4.60kW、温熱環境等級4の仕様にて試算。太陽光発電による削減金額は、売電金額と電気料金での収支換算