2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

断熱とは?定義や遮熱との違い、メリット・デメリットを網羅的に解説!

断熱住宅イメージ

現代は、家を建てた後の住み心地が重要視される時代です。断熱を施した住宅は、最適な住み心地を実現します。

この記事では、夏も冬も快適に過ごしたいという方に向けて、断熱効果のある住宅を建てるメリットや、断熱の種類を紹介します。「光熱費を抑えて快適な住宅に住みたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

断熱とは

断熱とは

そもそも「断熱」には、どのような意味があるのでしょう。ここでは断熱の定義、遮熱との違いを解説します。

断熱の定義

断熱には「熱を断つ」という意味があります。住宅においては、熱を伝わりにくくして「夏は涼しくて、冬は暖かい」状態を実現することを指します。これにより、夏は室内の温度上昇を防ぎ、冬は冷気から室内を守ります。断熱は、快適な暮らしに欠かせません。

断熱化されていない住宅の場合、ヒートショックが起きやすくなります。部屋の中は暖かいのに、お風呂場は震えるほど寒い住宅は、ヒートショックを引き起こしやすいです。このような状態は体に負担がかかるだけでなく、お年寄りには脳溢血などのリスクもあります。断熱化は、このような健康被害に対するリスクも軽減します。

遮熱と断熱との違い

遮熱とは光を反射させて、温度の上昇を防ぐことです。例えば、ブラインドは日光を放射させることで、室内の温度上昇を防ぎます。ただし、日光がブラインドに当たり続けて上昇した熱が室内に放射されると、室内の温度は上昇します。

これに対して断熱とは、熱を伝わりにくくして暑さや寒さから室内を守ることです。快適な暮らしを実現するためには、断熱が必須です。断熱は一年中効果がありますが、遮熱は夏の暑い時期にだけ効果があります。

断熱のメリット

断熱のメリット

断熱にはさまざまなメリットがあります。ここからは、断熱のメリットについて4つ解説します。

冬に暖かいため暖房代が安くなる

断熱した住宅は、冬場に熱を外部に放出しない為、少ない熱源(エネルギー)で家が暖まり、暖房代は安くなります。このように、断熱すると光熱費を抑えられるようになります。

外からの空気の侵入を防ぎ、かつ部屋の中の空気を外へ逃さない断熱は、熱交換の換気ならば室内の暖かさを逃がさずに外気に移動させるので冬の寒い時期でも室内を暖かく保ってくれます。省エネをめざした住まいを探している人には、断熱した住宅で熱交換換気する事がおすすめです。

夏が涼しいため冷房代が安くなる

断熱は冬が暖かいだけでなく、夏も外気熱の影響を受けにくいため、涼しく快適に過ごせます。必要以上にエアコンで部屋の温度を下げる必要もなくなります。

エアコンの使用を最低限に抑えることができるので、夏の光熱費も削減が可能です。夏の冷房代が高くて困っている場合は、断熱と熱交換換気を検討してみるのもよいでしょう。

建物内部の温度差が小さくなる

断熱を使った住宅は、すき間からの空気の流入や侵入を防ぐため、気密性も高めておく必要があります。そうする事で室内の温度差が小さくなります。例えば、通常の住宅ではリビングから廊下やお風呂場に移動した際などの温度差により、ヒートショックになりやすいという問題があります。

断熱を使った気密性の高い住宅の場合は、部屋ごとの温度差が少ないため、ヒートショックになりにくく、身体への負担や疾病のリスクも少なくなります。

家が長持ちする

断熱された住宅は結露が発生しにくいため、家が長持ちすることもメリットです。結露は冬場に、室内と室外で温度差がある場合に発生します。断熱により熱が伝わりにくくなった住宅は、室内の温度が一定に保たれます。

結露はカビやダニの原因ともなるため、家の寿命を縮めることにもつながります。家を長く快適に過ごすためには、結露を発生させないことが大切です。

断熱する方法は主に3つ

断熱する方法は主に3つ

断熱する方法は主に3つあります。それぞれ解説していきます。

家全体を断熱

家全体を断熱する方法です。住宅全体のことを建築用語で「躯体(くたい)」と呼びます。熱は躯体を通じて室内に伝わるため、躯体全体で断熱することが必要です。

費用はかかりますが、躯体全体を断熱することで快適な暮らしが実現します。一部しか施工しなかった場合は、断熱の効果も薄れてしまいます。躯体全体の施工は壁、床、天井などに断熱材を使用して行います。

開口部を断熱

開口部とはドアや窓の部分を指します。家の開口部を断熱することで、エアコンなどで調節した快適な温度の空気を外に逃がさないようにします。一般的に開口部は、躯体の7~12倍も熱を通しやすいといわれており、開口部の断熱が住宅の過ごしやすさを決めているといってもよいでしょう。

そのため開口部材には、トリプルガラス樹脂窓など断熱性の高いものをお奨めします。

日射遮蔽

日射遮蔽できることも断熱のメリットです。ドアや窓など、家の開口部からは日射熱が発生します。この日射熱は、光と同時に熱が移動するために発生します。夏場など日差しが強い日に室内が暑くなるのは、外が暑いだけでなく日射熱の影響もあります。

日射熱を防ぐには、遮断ガラスやカーテン、ブラインドなどで日射遮蔽を行います。

断熱の種類

断熱の種類

断熱の種類は大きく分けて、充填断熱工法(充填断熱)と外張断熱工法(外張り断熱)の2つに分類されます。それぞれのメリット・デメリットを解説します。

充填断熱工法(充填断熱):メリットとデメリット

ここでは、充填断熱工法(充填断熱)のメリットとデメリットを解説します。

メリット

充填断熱工法(充填断熱)は経年劣化しにくく、耐熱性能が安定しています。柱などの構造部に、シート状やボード状の断熱材を入れ込んで、充填することで、住宅の断熱を実現します。

充填断熱工法(充填断熱)は外張断熱工法と比べて、耐熱性能が同じならコストが安いという特徴があります。これは、壁の内側の空いているスペースを利用するため、断熱用のスペースを新たにつくる必要がないためです。また、断熱材が劣化しにくいというメリットもあります。

デメリット

充填断熱工法(充填断熱)のデメリットは、施工する際に注意が必要ということです。具体的には、柱などの構造部や断熱材が触れる部分に注意します。これは構造部や断熱材が触れる部分に、隙間が発生する可能性があるためです。気密シートを施工し、隙間の発生を防ぐ事が大事です。

隙間があると部分的にではありますが、断熱の効果が下がってしまう場合があります。

外張断熱工法(外張り断熱):メリットとデメリット

ここでは、外張断熱工法(外張り断熱)のメリットとデメリットを解説します。

メリット

外張断熱工法(外張り断熱)のメリットは、施工後の確認が比較的簡単にできることです。断熱効果も高く、柱などを断熱材で覆う必要がありません。そのため、充填断熱工法(充填断熱)と比べて安定的に断熱の効果を享受できます。

躯体の外側に断熱を施すため、柱や壁の内側は空洞になります。空いたスペースを利用して配線などを隠すことも可能です。

デメリット

外張断熱工法(外張り断熱)のデメリットは、比較的建築費が高額になるということです。また、躯体に施した外装材の重みで、外壁の安定性に問題が起きたり、強風や地震の際に変形してしまったりする可能性もあります。その他、充填断熱工法(充填断熱)と比べて経年劣化しやすい点もデメリットといえるでしょう。

断熱材の種類とメリット

断熱材の種類とメリット

断熱材にはさまざまな種類があり、それぞれにメリットがあります。大別すると繊維系と発泡系の2種類に分かれます。

繊維系の断熱材

繊維系の断熱材には、以下のような種類があります。

・グラスウール
・ロックウール
・セルロースファイバー

グラスウールは価格が安価なため、広く普及している断熱材です。主に天井、床、壁などに用いられています。吸音性が高く、防音に使用されることもあり断熱にも優れています。

ロックウールは熱に強く燃えにくい断熱材です。セルロースファイバーは防音や吸音に優れており、環境にも優しい断熱材です。

発泡系の断熱材

発泡系の断熱材には、以下のような種類があります。

・ポリエチレンフォーム
・ウレタンフォーム
・フェノールフォーム

ポリエチレンフォームは安価で水に強く、湿気対策にもなる断熱材です。ウレタンフォームは、発泡系の中において断熱性が非常に高いというメリットがあります。フェノールフォームは防火性に優れており、高い断熱性能がある断熱材です。

天然素材系の断熱材

天然素材系の断熱材には、以下のような種類があります。

・羊毛
・コルク

羊毛は吸音性能が高く、防音効果や調湿性能にも優れています。また、天然素材100%のため、科学物質が引き起こすシックハウス症候群のリスクがありません。コルクは自然由来による防虫効果のある素材です。空気を多く含むため、吸音性、調湿、断熱に優れています。

まとめ

まとめ

快適な暮らしを実現するならば、夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたいものです。断熱を上手に行うことで、快適な暮らしを実現できます。断熱の方法や素材により、メリット・デメリットは異なります。断熱を施工する際は、これらの特徴などを踏まえたうえで検討するとよいでしょう。

日本ハウスHDでは、直営工事や耐震施工、一貫した担当窓口や、アフターサービスの充実などに強みがあり、 自由度の高い施工に応じることができます。断熱住宅に関する施工も行っており、カタログや資料も請求いただけます。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。