2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

注文住宅で失敗しないために!部屋や設備についての失敗例や、失敗を避けるコツを紹介

注文住宅で失敗しないために!

注文住宅を建築する人が増えていますが、建築後に失敗したと感じるケースは少なくありません。暮らしやすく理想を叶えた注文住宅を建てるには、どうするとよいでしょうか。この記事では、これから注文住宅を検討している方に向けて、部屋や設備の失敗例を紹介します。失敗を避けるコツも紹介するで、参考にしてください。

暮らしやすい注文住宅を建てるには

暮らしやすい注文住宅を建てるには

暮らしやすい注文住宅を建てるには、失敗例に学ぶ必要があります。ここでは失敗例を知るべき理由を解説します。

注文住宅とは

注文住宅とは間取りや仕様を決めてから建築する住宅であり、建売住宅と比べると自分の好みを反映しやすい点が魅力です。ただし、完成後の姿を見る前に契約を交わすため、建築後に「打ち合わせで言った、言わない」をめぐり、建設会社との問題が起きやすくなります。

不要なトラブルを避けるには、打合せ内容を記録・提出してもらえる建設会社に依頼しましょう。日本ハウスHDならば、打合せ時に複写便箋「言葉の領収書」を必ず使用するため、安心して注文住宅の建築を任せられます。

失敗例を知っておく必要性とは

ほとんどの人は、初めて注文住宅の建設に挑戦します。幾度も経験できるなら失敗を次に活かせますが、注文住宅はそう何回も建築するものではありません。失敗を避けるには、先人の失敗例を知る必要があります。

注文住宅が失敗するおもな原因は?

注文住宅が失敗するおもな原因は?

注文住宅に関する失敗例の多くは、動線の不備と、生活や将来に対するイメージ不足に起因します。ここでは、多くの人が失敗しがちな原因を解説します。

家事動線と生活動線の不備

料理、洗濯、掃除などの家事をする際に、頻繁に行き来する経路を「家事動線」と呼びます。一方、「生活動線」とは、リビングやトイレ、キッチンなどを行き来する経路です。

家事動線と生活動線が交わっていたり、複雑で面倒であったりするとストレスを感じます。シンプルな動線となるように、生活をイメージしながら間取りを計画しましょう。

生活や将来に対するイメージ不足

長期間暮らすことを想定し、さまざまな事態に対応可能な家を目指しましょう。子どもが成長したときに部屋はどうするか、季節が変わっても快適に過ごせるか、備え付けの家具が壊れた場合に修理・交換は可能かなどをイメージしましょう。

水周りに関する失敗

水周りに関する失敗

お風呂、脱衣所、洗面所、トイレなど水周りに関する失敗について紹介します。

お風呂に関する失敗

毎日家族が入浴するお風呂では、掃除のしやすさが重要です。壁をタイルにしたところ目地が汚れやすかった、濃い壁の色を選んだら白いカルキ汚れが目立ってしまったという失敗例が報告されています。

くつろげる環境を求めてインテリアにこだわることも大切ですが、機能性も重視しましょう。なお、汚れが目立ちにくい壁の色は、灰色のような淡い色味です。ほかにも、「お風呂にテレビをつけたものの、実際はほとんど使っていない」という意見もあります。

動線に関する失敗

洗面所と脱衣所が同じ空間にあると、誰かが一方を使用している場合、もう1つの設備を使えません。洗濯機も同じ場所にあると家事にも差し支えます。

また、玄関からお風呂に直行できないと、歩きながら室内を汚す場合があります。加えてトイレが玄関に近いと、来客にトイレの中が見えないか、トイレを使う音が聞こえないかが心配です。寝室の横にトイレを設置すると、夜中に水を流す音が気になります。

間取りは、生活をイメージしながら考えましょう。なお、クローゼットなどの収納を挟むと、トイレの水音が部屋に響くのを抑えられます。

そのほかに関する失敗

水周りにはタオルや着替え、掃除用品など多くのものを収納するため、よく計画を練らないと収納スペースが不足します。また、リビングに脱衣所が面していることで、急にドアを開けると着替えが丸見えになってしまうという失敗もあります。

キッチンに関する失敗

キッチンに関する失敗

キッチンの設計は、家事効率を大きく左右します。動線や作業性などに関する失敗を紹介します。

動線に関する失敗

通路が狭くてゴミ箱を置くスペースがない、パントリーがキッチンから遠いため使いにくいなどの失敗例があります。また、キッチンと洗濯機脱衣所が離れていると、汚れものが出しづらいという意見があります。キッチンと洗濯機脱衣所は近くに配置したほうが家事が捗るでしょう。

作業に関する失敗

作業台の高さと身長のミスマッチ、作業スペースや設備の過不足などがあると、キッチンでの作業効率が低下します。また、キッチンには調味料などの細かなものが多いため、キッチン収納は、スペースの広さと出し入れしやすさを考えて計画しましょう。

そのほかの失敗

アイランドキッチンを選び後悔する人もいます。「リビングから丸見えなので片付けに気を使う」「油はねで部屋が汚れやすい」などが後悔の理由です。

ほかにも、「設備の機能性を重視したが好みのデザインではない」「底冷えするため床暖房を設置すればよかった」などの意見もあります。

リビングに関する失敗

リビングに関する失敗

家族が集まるリビングには居心地のよさが求められます。温度や明るさ、壁紙に関する失敗を紹介します。

温度や明るさに関する失敗

吹き抜け、リビング階段のあるリビングは、冷暖房効率が悪くなりがちです。シーリングファンやカーテン・ブラインドなどを取りつけ、室温をキープする工夫をしましょう。

また、リビングに床暖房を設置すると、光熱費がかさむ、家具を置きにくいなどのデメリットがあります。

明るさに関しても、間取りが悪く光が入りにくい、窓が大きすぎて外光がまぶしく暑いなどのトラブルが起きています。間取りや窓は自然な明るさを意識して設計しましょう。

壁紙に関する失敗

壁紙を貼ったあとで、「イメージよりもデザインが派手だった」「照明をつけるとデザインが気に入らなかった」などの失敗が報告されています。また、壁紙の耐久性が悪いと、メンテナンス費用がかさみます。

子供部屋に関する失敗

子供部屋に関する失敗

両親と子供の部屋が隣接すると、お互いのプライバシーが気になります。また、ドアが2つ設置されており、間仕切りを置くと1つの子ども部屋が2つに分かれる部屋のことを、2door1roomといいます。2door1roomにする際には、家具やコンセントの配置に気をつけましょう。設備の配置が悪いと、分割後に利便性が損なわれてしまいます。

玄関に関する失敗

玄関に関する失敗

玄関には靴や傘、鍵など多くのものを置くため整理整頓が求められます。収納に関する問題を中心に、玄関に関する失敗を紹介します。

収納に関する失敗

玄関でありがちな失敗が、収納場所の不足です。ベビーカーや外遊びグッズ、傘などをしまうスペースを確保しましょう。ものがあふれた玄関は、来客時に不便なうえに気まずい思いをします。

ウォークイン収納があっても、動線が悪かったり、通路の広さの割に収納場所が狭かったりすると活用できません。

ほかにも、「天井付近まで収納をつくり、滅多に使わない冠婚葬祭品などをしまえればよかった」という意見もあります。

そのほかに関する失敗

そのほかにある失敗としては、「鏡をつければよかった」という意見があります。玄関に鏡を取りつけると、外出前の身だしなみに便利なうえに、空間を広く見せてくれる効果もあります。

ほかにも、「ドアから遠い位置に照明のスイッチがあるため不便」「玄関とは別に勝手口をつくればよかった」などの意見もあります。

屋外に関する失敗

屋外に関する失敗

外壁やエクステリアについても気を抜けません。ここでは屋外に関する失敗を紹介します。

ガレージ・駐車場に関する失敗

駐車スペースが狭く位置が悪いと、車の出し入れが不便な場合があります。ガレージ内に換気扇がないと、排気ガスが溜まり居心地が悪くなるうえ健康にもよくありません。また、夜に暗いガレージ内を歩くことにならないよう、照明スイッチの位置も考慮しましょう。

外壁の失敗

「色が派手すぎた」「好みのデザインだが汚れが目立ち手入れが大変」などの失敗例もあります。また、外壁の耐久性が弱いとメンテナンス費用がかさみます。長期間住むことを考慮し、丈夫な素材を選びましょう。

ウッドデッキの失敗

せっかく用意したウッドデッキでも、周囲から丸見えでは使用をためらわれます。また、無垢材を使うと、雨や湿気により腐食や反りなどが発生するなどの意見もあります。

収納全般に関する失敗

収納全般に関する失敗

気持ちよく暮らすには、過不足なく適切な場所に収納が必要です。ここでは、収納全般に関する失敗を紹介します。

収納スペースに関する失敗

事前に収納する予定のものを洗い出しましょう。見積もりが甘いと、収納スペースが不足してしまいます。また、納戸をつくる場合は、棚など収納をサポートするものを設置しましょう。棚などがないと、広い空間をうまく活用できない場合もあります。

子供が小さいうちは、将来増えそうなものを予想しましょう。衣類や本、趣味のグッズなどが増えると想定し、広めの収納スペースを用意することをおすすめします。また、自転車置き場など、屋外の収納スペースを検討することも大切です。

収納場所に関する失敗

作業場所の近くに収納がないと不便です。とくにロフトや小屋裏収納は、ものを取り出しにくく換気や温度調整に手間がかかります。ものの使用用途を考え、使う場所の近くに収納場所を用意しましょう。

間取りに関する失敗

間取りに関する失敗

「どの部屋も家具を置くと窮屈さを感じる」「通路が狭くて通りにくい」という失敗例があります。「子供が増え、部屋が足りなくなった」という事例もあります。間取りは現在の生活から将来までを詳細にイメージしながら考えましょう。

設備に関する失敗

設備に関する失敗

細かな設備まで気を抜かずに計画しましょう。ここでは設備に関する失敗を紹介します。

コンセントに関する失敗

コンセントの位置が悪いと家具で隠れてしまい、パソコンやスマートフォンの充電に不自由する場合があります。また、コードレス掃除機など充電式の家電を隠して置けるように、コンセント付きの収納場所をつくるべきだったという人もいます。

掃き出し窓に関する失敗

掃き出し窓とは床面、あるいは床に近い部分まで開く大きな窓のことです。腰窓と比べると外光を十分に取り込め、開放感を味わえるなどのメリットがあります。

しかし、直射日光がまぶしすぎたり、道路側や隣家側からの視線が気になったりする場合があります。立地にもよりますが、昼間でもカーテンを開けられないという失敗もあります。

ほかにも、「窓の部分に家具を置けない」「夏は暑く冬は寒い」などの不満を訴える人もいます。

注文住宅で失敗しないためのコツ

注文住宅で失敗しないためのコツ

注文住宅について、数多くの失敗談が報告されています。注文住宅の失敗を避けるためのコツを紹介します。

家族やライフスタイルの変化により変えられる間取り

将来のイメージを膨らませて注文住宅を計画しても、予想どおりになるとも限りません。「子供部屋を分割したい」「寝室を分けたい」と思った時点で、間取りを変更できると便利です。間取りを変える可能性がある部屋は、エアコンの配管やコンセントの位置などに気を配りましょう。

理想にこだわりすぎないプラン

注文住宅を考える際に、知人の家やショールーム、流行などを研究する人もいます。ただし、あくまでも参考程度に留めておくほうが無難です。ほかの家の真似をしても、自分の生活スタイルにあっていなければ無理が生じます。

使いやすく好みを反映した収納

収納を考える際は、少なくとも現在持っているものが収まるように計算しましょう。また、作業場の近くに収納をつくることも重要です。なお、整理整頓が苦手な人は見せる収納を避けることが無難です。自分や家族の好みから生活習慣まで考慮し、収納を考えてください。

まとめ

まとめ

注文住宅の建築について、多くの失敗例が報告されています。動線を重視し、生活や将来を詳細にイメージして計画を立てましょう。また、建設会社選びも重要です。契約後に家づくりから建築後まで一貫して対応できる会社を選んでください。

日本ハウスHDでは「窓口一貫システム」で、営業マンの後ろに設計・工事・インテリア・事務の担当者が付いています。営業マンが打合せ時に、お客様の窓口になるため安心して注文住宅を建築できます。注文住宅を検討中の方は、ぜひカタログ請求やご来場予約をお申込みください。