2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

高気密高断熱の住宅は快適?メリットやデメリット、注意点などを詳しく解説

高気密高断熱の住宅イメージ

高気密高断熱の住宅は、どのくらい快適なのでしょう。高気密高断熱の住宅を建てるなら、メリットだけでなく、デメリットや注意点などを把握しておくことが大切です。

この記事では、高気密高断熱の住宅を検討されている方に向けて、特徴やメリット・デメリットを詳しく解説します。注意点も解説するので、住宅の購入を検討する際の参考にしてください。

高気密高断熱の住宅とは?

高気密高断熱の住宅とは?

高気密高断熱の住宅には、どのような特徴を持つ住宅なのでしょう。ここでは、高気密住宅と高断熱住宅、それぞれの特徴について解説します。

高気密住宅の特徴

高気密住宅とは、壁の内側や床下などに、断熱材や防湿シート、気密テープなどを使用した住宅を指します。主な特徴は、住宅内の隙間がしっかりと埋められているため、外気が入りにくい点です。気密性が高いことから、暖房などであたためられた空気を室内に留め、冷たい外気をシャットアウトできます。

高断熱住宅の特徴

高断熱住宅とは、外壁と床下、天井裏などに断熱材を詰めて、断熱効果を高めた住宅を指します。断熱性が高い住宅には、外気温による影響を受けにくいという特徴があります。

高断熱により、夏は涼しく、冬はあたたかい室内環境を実現できます。高気密と組みあわせれば、さらに断熱効果を高めることが可能です。

高気密高断熱のメリット

高気密高断熱のメリット

気密性、断熱性が高い住宅にした場合に得られるメリットについて解説します。

光熱費を節約できる

高気密高断熱の住宅の室温は、外気温の影響を受けにくいため、夏は涼しく冬はあたたかく過ごせます。また、室内の空気が漏れにくいことから、エアコンなどの空調機器を効率よく利用できます。温度設定を頻繁に変えなくても一定の室内温度を保てるため、光熱費の節約も可能です。室内だけでなく、廊下との温度差をなくせます。

ヒートショックのリスクを軽減できる

住宅内で温度差が生じにくいため、ヒートショックの防止にも有効です。ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が急降下したり急上昇したりすることです。冬場はとくにヒートショックのリスクが高まります。高気密高断熱の住宅であれば、住宅内のどの場所でも一定の温度を保てるため、ヒートショックのリスクを軽減できます。

家が長持ちする

湿度が一定に保たれることで結露が発生しにくくなるため、家が長持ちしやすいといったメリットがあります。結露は、カビの発生や建物の劣化などの原因になります。しかし、気密性や断熱性が高く、十分な換気ができている住宅であれば、結露やカビの発生を防ぐことが可能です。

洗濯物が乾きやすい

気密性や断熱性が高い住宅は、外気温だけでなく湿度も遮断してくれます。梅雨の時期や雨の日でも住宅内は乾燥しているため、室内干しで洗濯物を乾かせます。エアコンや空調などを使用すれば自然な空気の流れをつくれるため、生乾きなどの心配がありません。また、洗濯物に花粉や黄砂などの付着を避けたい場合にも効果的です。

防音効果がある

高気密高断熱の住宅は、外壁が屋外の騒音を遮断してくれる、断熱材が室内の音が屋外に漏れるのを防ぐといった効果があります。そのため、夜泣きする赤ちゃんがいるファミリー層やペットと暮らしている人にもおすすめです。近所に子供の声やペットの鳴き声で迷惑をかける心配がなくなります。

高気密高断熱のデメリット

高気密高断熱のデメリット

高気密高断熱の住宅にはさまざまなメリットがありますが、デメリットも存在します。

建築費用が高くなる

気密性や断熱性を高めるには、専用の資材や工事が必要になります。そのため、一般的な住宅よりも建築費用が高くなる傾向にあります。これらの費用は、ハウスメーカーなどによって異なるため、事前に見積りなどで確認しておきましょう。建築費用は高くなるものの、長期的な視点を考慮すれば、光熱費を安くおさえることが可能です。

室内の空気が乾燥しやすい

雨の日でも洗濯物が乾きやすいといったメリットがある反面、室内の空気が乾燥しやすいといったデメリットもあります。乾燥肌やドライアイの人は、乾燥対策に加湿器などが必要になる場合もあります。洗濯物を室内に干せば室内の湿度が上がるので、乾燥対策としても有効に働くでしょう。

内部結露が起こることがある

気密性や断熱性が高い住宅は、十分な換気ができていれば室内の結露の発生をおさえられます。しかし、壁内に少しでも隙間があれば、室内のあたたかい空気が内部に入り込み、温度差が生じます。温度差が生じると内部が結露するリスクが高まります。これを防ぐためにも、気密性を高める工事を、ていねいに施工してくれるハウスメーカーを選びましょう。

石油ストーブの使用には向いていない

気密性が高い住宅では、石油ストーブは使えません。石油ストーブを使用すれば、一酸化炭素中毒になるリスクが高まります。どうしても石油ストーブを使用したい場合は、定期的に窓を開けて空気の入れ替えをするなど、こまめな換気が必要です。最低でも1時間に1度は窓を開けて換気を行いましょう。

住宅を高断熱にする方法

住宅を高断熱にする方法

断熱性を高める方法は、「充填断熱」と「外断熱」の2種類があります。それぞれの特徴について解説します。

充填断熱の特徴

充填断熱とは、建物の内部に断熱層をつくる工法です。外壁と室内の壁との間のほか、天井や床下などに断熱材を詰めて住宅の断熱性を高めます。コストが安くおさえられ、内装工事の際に施工できる点がメリットです。また、外壁を厚くする必要がないため、外壁の周囲にスペースをつくる必要がありません。

デメリットは、施工のやり方によっては気密性が低下し、内部結露のリスクが高まる可能性がある点です。

外断熱の特徴

外断熱とは、住宅を覆うように建物の構造体の外側に断熱層をつくる工法です。充填断熱よりも気密性が高く、構造物が傷みにくいといったメリットがあります。また、壁内に断熱材を詰める必要がないため、内部結露が起こりにくくなります。

デメリットは、充填断熱に比べてコストが高いことです。また、建物の外側を断熱材で覆う必要があるため、外壁が厚くなります。気密性も高くなるため、こまめな換気が必要です。

断熱材の種類

断熱材は、以下の4種類に分けられます。

・無機繊維系:グラスウール、ロックウールなど
・木質繊維系:セルロースファイバー、インシュレーションボードなど
・天然素材系:羊毛、炭化コルクなど
・発泡プラスチック系:ポリエチレンフォーム、フェノールフォーム、硬質ウレタンフォームなど

発泡プラスチック系は、熱伝導率が低く、断熱性が高いものの、高額な費用がかかります。断熱性が高い無機繊維系は、比較的安価です。なかでも、グラスウールは環境にやさしく、健康被害のリスクも低い素材です。耐火性・耐久性が高く、虫も入らないガラス繊維の為、住宅の建築時に広く利用されています。

高気密高断熱の注意点

高気密高断熱の注意点

高気密高断熱の住宅を建てる際に注意すべき2つのポイントを解説します。

換気システムの導入が必要になる

高気密高断熱の住宅は、屋外からの外気や湿度を遮断できる反面、室内の空気がこもりやすい特徴があります。施工時に使用する資材の化学物質やハウスダストなどが室内に留まりやすくなるため、シックハウス症候群の発症リスクが高くなる可能性があります。

健康面に配慮して生活するには、換気システムの導入や窓を開けるなどの、こまめな換気が必要です。このような理由もあり、2003年以降は24時間換気システムの設置が義務付けられています。

会社選びを重視する

高気密高断熱の性能は、施工会社の技術力の高さや豊富な経験によって左右されます。充填断熱を選択した場合、壁内に少しでも隙間をつくれば内部結露が発生しやすくなり、建物の劣化につながります。信頼できる会社を選ぶためには、以下の3点を考慮しましょう。

・施工実績が豊富である(特に北海道や東北などの寒い地域)
・ZEH(ゼッチ)に対応している
・気密測定を実施している

ZEHとは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略です。ZEHは「高断熱に優れ、高効率な設備を導入して、再生可能エネルギーの利用で年間の消費量をゼロになることを目指した住宅」を指します。

まとめ

まとめ

高気密高断熱の住宅は、外気温の影響を受けずに一定の室温を保てるため、夏は涼しく、冬はあたたかく過ごせます。ただし、施工の仕方によっては、内部結露が発生するなどのリスクがあります。安心で快適な住宅を実現するには、施工会社をどう選ぶかが重要です。

日本ハウスHDは、ZEHビルダーの認定を受けたハウスメーカーです。ZEHを支える高気密高断熱の住宅を実現します。また、選りすぐりの国産桧を柱と土台に使い、木を大切に使う木造軸組工法や、地震に強い新木材ストロング工法・J-エポック工法を採用しています。高気密高断熱の住宅を検討中の人は、ぜひカタログや来場予約をお申込みください。