2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

平屋を新築したい!メリット・デメリットとともに間取りの例や費用相場を解説

平屋住宅イメージ

平屋にはさまざまなメリットがあり、新築の戸建てを希望する人からも高い人気を集めています。しかし平屋にはデメリットもあるため、きちんと理解したうえで建てたほうが安心です。この記事では、平屋を新築したいと考えている人に向けて、平屋の特徴や費用相場などを解説します。建てるときに確認したいポイントにも触れるので、ぜひ参考にしてください。

平屋ならではのメリット

平屋ならではのメリット

ここでは、平屋にはどのようなメリットがあるのか具体的に解説します。

バリアフリーで暮らせる

平屋は、建物に属しているすべての部屋が同じ階にあります。家のなかのどの部屋に行く場合でも階段を使う必要がありません。生活に必要な設備や部屋がワンフロアにあるため動線がスムーズな上に、バリアフリーで設計し易い為、世代を問わず安心して暮らせます。家族の介護が必要になったり、車椅子を使用したりする場合でも、暮らしやすいです。

間取りを自由に設定できる

平屋には二階以上の部屋がないため、構造上の制約も大きくありません。間仕切りの位置も自由に動かせる場合が多く、家族の好みや生活スタイルに合わせて間取りを決定できます。

たとえば、家事の動線を考慮して水回りを集中させるのもひとつの方法です。自由度が高いため、理想的な住宅を建てやすくなります。又、階段スペースが不要な為、建物全体の面積を抑える事も出来ます。さらに収納スペースも小屋裏利用等が容易です。

地震や台風に強い

平屋は建物としてそれほど高さがなく、重心が低めです。そのため、地震や台風がきて揺れが発生しても、建物が受ける負担を少なく抑えられます。一般的に、地震で強い衝撃が加わると、外壁にクラック(ひび割れ)が起こるケースもあります。しかし、平屋なら受ける衝撃が少ないため、クラックが起こるリスクも2階建に比べて低いです。

メンテナンス費用が安い

住宅を建ててから一定の年月が経過すると、メンテナンスが必要になります。二階以上の高さがある場合、メンテナンスそのものだけでなく、作業するための足場の設置にも費用を支払わなければなりません。

しかし、平屋は高さが低いため、足場を組まずにメンテナンスできる可能性があります。その場合、二階以上の住宅に比べてメンテナンスの内容によりかかる費用の合計を安く抑えられる場合があります。

平屋のデメリット

平屋ならではのデメリット

ここでは、平屋を新築するときに気をつけたいデメリットについて解説します。

プライバシーを確保しにくい

平屋は一階にすべての居住空間があるため、同居している家族間でプライバシーを確保するのが難しくなります。平屋を建てる際は家族間でプライバシーを確保できるよう、それぞれの自室の配置を工夫しなければなりません。間取りを決めるときは、家族の生活時間帯も意識しましょう。

また、他の住宅や道路との位置関係によっては、家のなかの様子が外から見えやすくなります。周辺の環境を考慮しながら窓の配置を決めたり、必要に応じて塀の設置を検討したりしましょう。

入念な防犯対策が必要となる

一階のみの平屋は、二階以上の住宅に比べて不審者が侵入しやすいというデメリットもあります。空き巣被害にあうリスクを極力回避するためにも、新築する時点で対策を取り入れておきましょう。たとえば、窓の位置や大きさに注意し、安全性を高める必要があります。

ただし、防犯対策だけを重視すると、希望するデザイン通りに窓を設置できない場合もあります。低めの位置に窓を設置したり、大きな窓を設置したい場合は、窓ガラスを二重にしたり、シャッター、格子等で防犯効果を高める事ができます。

通風と採光を工夫しなければならない

平屋を建てるときは、環境によって通風や採光に支障が出る恐れもあります。たとえば、敷地の広さに余裕がなく、隣接する建物の影響で自宅が日陰になる時間帯が多くなるかもしれません。また、周辺に高さのある建物が建っているために、風通しや日当たりが悪くなるケースもあります。広い土地が確保出来ればより安心です。

平屋を建てるときは、敷地の広さや建築事情を確認したうえで、通風や採光をきちんと確保できるようにしましょう。
具体的には、窓の位置や数などを工夫して、スムーズな通風や採光を意識する必要があります。通風や採光は時間帯や季節によっても変化するため、よく確認したうえで対策してください。

洪水や浸水に弱い

台風や津波が発生した場合、平屋では逃げ場を確保できなくなるリスクもあります。床上まで水が上がったときに「二階に避難する」という選択肢がありません。
平屋を建てるときは、洪水や浸水の可能性が低い土地を選びましょう。ハザードマップを確認すると、浸水のリスクがあるエリアをチェックできます。

ただし、洪水や浸水が想定されていないエリアであっても、絶対に被害にあわないとはいい切れません。大きな災害が発生すれば被害にあうリスクは少なからずあるため、避難できる高台や避難所についても把握しておく必要があります。

平屋を新築する際にかかる費用の相場

平屋を新築する際にかかる費用の相場

住宅の新築にかかる費用は坪単価で計算します。坪単価とは、1坪(約3.3平方メートル)あたりの建築費のことです。ここでは、平屋を新築する際にかかる坪単価の相場について解説します。

二階建ての坪単価と比較

同じ部屋数や間取りだと仮定すれば、平屋よりも二階建ての住宅のほうが坪単価は安い傾向があります。なぜなら、基礎や屋根の面積が広くなったりするからです。

ただし、平屋には階段が必要ないため、その分の費用は削減できます。工夫次第で費用を抑えられるため、平屋と二階建てで迷っている場合は専門家にきちんと相談しながら決定しましょう。

平屋を新築する際の間取りの例

平屋を新築する際の間取りの例

ここでは、平屋を新築する際によく選ばれる間取りの例を解説します。

1LDK

生活に必要な設備がコンパクトにまとまった1LDKは、1~2人暮らしに最適な間取りです。坪数は14~18坪程度を確保できれば問題ありません。

この場合、LDKは約10帖、寝室は約6帖が目安となります。費用面が気になる人でも、1LDKであればコストを抑えて平屋を建てられる可能性があります。

2LDK

2LDKは、2~3人暮らしの家庭におすすめの間取りです。この場合、全体の坪数は18~20坪程度となります。

間取りの内訳の目安は、LDKが約16帖、2箇所の個室がそれぞれ約6帖ずつです。バランスを考慮しながら設備や内装のグレードを検討すれば、予算内におさめることも難しくありません。

3LDK

3LDKは、3~4人で生活するのに適した間取りです。坪数は25~30坪程度が目安となり、このうちLDKは約16帖、3箇所の個室がそれぞれ約6帖ずつとなります。

4LDK

4LDKは、4~5人の大所帯でも暮らせる余裕のある間取りです。坪数の目安は30~35坪程度となります。家族が普段集まるLDKに加え、客間としても使える和室も配置できます。

さらに、夫婦の寝室に加え、子供部屋を2つ設けられます。大容量の収納も複数設置でき、ゆとりのある空間で生活できる点が魅力的です。

平屋を新築する際はどこに費用がかかる?

平屋を新築する際はどこに費用がかかる?

ここでは、平屋を新築する際にどのような部分に費用がかかるのか解説します。

土地

平屋はすべての部屋が一階にあるため、必要な敷地面積は二階建てよりも広くなります。そのため、二階建てを希望する場合よりも土地の取得費用が高くなる可能性が高いです。土地の取得費用は地域差もありますが、いずれにせよ住宅を建てる際の費用のうち大きな割合を占めています。

ただし、平屋を希望する場合でも、間取りを工夫すれば必要な敷地面積を小さくできる可能性があります。優先順位を考えつつ、最適な間取りを計画しましょう。

基礎

二階建ての住宅と同じ床面積を平屋で確保する場合、単純計算すると基礎工事を行う面積は二階建ての2倍になります。面積が大きければ、そのぶんだけ工事にかかる費用も高くなり、この点が平屋の坪単価が高めになる理由のひとつでもあります。

ただし、間取りの工夫により敷地面積を小さくできると、必然的に基礎工事を行う面積も小さくできます。予算を意識しながら工夫を取り入れることで、かかる費用を抑えられます。

屋根

二階建ての住宅と同じ床面積を平屋で確保すれば、基礎と同じく屋根の面積も2倍になります。屋根が大きいほど工事にかかる費用は高くなるため、予算を圧迫する原因のひとつになります。

屋根の面積を小さくするための考え方も、基本的に基礎と同じです。間取りを工夫して敷地面積を小さくし、屋根の面積もなるべく小さくする必要があります。頼れる専門家に相談しながら、最適な間取りを考えましょう。

平屋を新築する際に費用を抑えるためのポイント

平屋を新築する際に費用を抑えるためのポイント

ここでは、平屋を新築するときに費用を抑えるためにはどうすればいいか解説します。

間取りに工夫を取り入れる

費用を抑えるためには、壁の仕切りを最小限に減らすことをおすすめします。たとえば、LDKを壁で区切らず、オープンな空間にするのもひとつの方法です。また、部屋同士のつながりを意識すれば、廊下をほとんどつくらなくてもスムーズな動線を確保できます。

設備のグレードを上げすぎない

理想的な住宅をつくろうとすると、システムキッチン、ユニットバス、洗面台などの設備のグレードも上げたくなるものです。しかし、すべての設備のグレードを高くすることは予算オーバーにつながります。費用を抑えるためには、優先順位を決めて設備のグレードを見直すと効果的です。

外観をシンプルにする

外観がシンプルで凸凹が少ない住宅ほど、材料費や施工費を少なく抑えられます。箱型の住宅を選べば屋根の形もシンプルになるため、さらなるコストダウンが可能です。内装だけでなく、外装についても見直してみましょう。

まとめ

まとめ

平屋の住宅のメリットを活かすには、デメリットへの対策を取り入れたうえで間取りや設備を検討することが大切です。工夫次第でコストを抑えて建築できる可能性もあるため、信頼できる専門家に相談しながら理想の平屋を建てましょう。

日本ハウスHDでは、自由度の高い施工を行っています。一貫した担当窓口やアフターサービスなどにも定評があり、安心して平屋の新築を依頼できます。ぜひカタログや資料で検討してみてください。