2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

第13回キッズデザイン賞 
2部門2作品が受賞。
10年連続の受賞となりました。

受賞1
大工さんとつくる家子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門

「大工さんとつくる家」は計画の初期から、大工棟梁が、設計者、建て主家族と協同し、3者のリーダーとなって住まいの建設を進めます。子供たちは、憧れである大工棟梁の姿、実際の建設作業を目の前で体験することができます。直営の棟梁だからこそ可能なシステムで、実際の建物づくりを担う大工棟梁が計画の初期段階から関わって進めることで、質の高い空間を実現することを可能にしました。子供たちには、大工棟梁の家づくりを目の前で体験し、将来のものづくりの仕事への関心を高めてもらい、技術を継承していきます。


受賞2
断熱・壁埋込型宅配ボックス子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門

断熱・壁埋込型宅配ボックスは、従来のような不在時の受取だけでなく、外部へ出ずに受取ること、在宅時に直接対面せずに受取ることも想定して開発しました。子供だけで留守番している時でも安心して受け取り可能です。壁の納りディテール、内側の扉や断熱の納りを改良することで寒冷地に適応し、設置場所の問題、管理やコストなどの課題も解決しました。
リーフレットはこちら


リーフレットはこちら