2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

施工事例「和」にこだわり、快適を極めた平屋住宅

入母屋造りの重厚な平屋の下、徹底して快適な居住性を追求

愛知県・Y様邸

家族構成
ご夫婦・子ども2人
延床面積
148.00m²(44.7坪)

美しい和の意匠の中にこだわりがいっぱい!

ご結婚後、家を建てたいと考えていらしたY様ご夫妻は、土地探しからスタート。いい土地が見つかり訪れた住宅展示場で、「和風の木造の家」という奥様のご希望を元に日本ハウスHDを検討されたそうです。数社の提案を比較して、外観のデザインが一番良く、要望通りの間取りだったことから家づくりのパートナーとして決定。こうしてご主人33歳という若さにしてこの堂々たる和風邸宅を完成させたのです。

外観を特徴づけるのは、入母屋屋根をベースに、ガレージ・門を建物と一体にした大きな瓦屋根。伝統的な和瓦が美しく連なり、高級旅館のような印象を醸し出しています。ご主人は当初ビルトインガレージにしたかったそうですが、コストを考えてこの形に。結果的に家から車まで雨に濡れることもなく、自然の光や風を感じながら行き来できて大満足のご様子です。訪れた人も田園の眺めとともに玄関まで変化に富んだ床材を楽しむことができる、素敵なアプローチになりました。

軒先も美しい屋根の下にガレージと門が並ぶエントランス。雨の日も濡れることなく車に乗り降りでき、まだ小さな2人のお子さんとの外出にとても助かっているそう。

玄関にも檜の無垢床・珪藻土塗りの壁、網代や羽目板の天井と自然素材をふんだんに使用。飾りをあしらった上下障子がお洒落なアクセントです。

収納たっぷりの洗面室。スタイリッシュなカウンタータイプの洗面台は家事をするのにも便利。


檜の温もりとともにディテールまで美しく

4.5寸の大黒柱をはじめとし、床や天井にも檜をふんだんに採用しました。リビングはお客様に広々とした空間を楽しんでもらいたいと、勾配天井を最大限に活かした「梁あらわし」に。珪藻土の壁に檜の梁が美しく映えるよう、間接照明やスポット照明等の位置も配慮しました。山を訪れて大黒柱の木を切り出す「木魂祭」にもご夫婦で参加、大黒柱に使った残りの部分も入手して造り付けテレビボードの天板に利用しています。

引き戸を閉めれば独立したプライベート空間になるDKは、「カッコいいオールステンレスのアイランドキッチンにしたかった」というご主人の希望通りに完成。ご夫婦でキッチンメーカーを探し、輸入品の水栓金具やビルトイン食洗機を採用するなど、デザイン性だけでなく実用性やコストパフォーマンスを追求しました。

平屋とは思えない吹き抜けのような開放的な空間。勾配天井のプランをいくつか出してもらった中で、一番天井が高いものを選んで頂きました。

DK・L・和室が並んだ間取りは、お子さんの様子が確認しやすいのも魅力。新調したソファは、日本ハウスHD の展示場で気に入り、同じメーカーのものに。

檜の心地よい香りと温もりが感じられる和室。障子を開けると室内干しもできる縁側を設けている。


アイランドキッチンはカウンターで朝食もOK。吊戸棚がない分、壁側に収納をしっかり確保。キッチン周りはフロアタイルでお掃除しやすい床に仕上げました。

施工事例一覧