2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

施工事例中庭のある家

建物に囲まれた半屋外空間の楽しさ。居ながらにして自然とつながる住まい

北海道釧路市・K様邸

家族構成
ご夫婦・子ども5人
敷地面積
308.40m²(93.29坪)
1階床面積
124.00m²(37.44坪)
2階床面積
77.10m²(23.28坪)
延床面積
201.10m²(60.72坪)
 
 

家づくりのこだわり

のびのびと過ごせる「中庭」を創る

元々K様はアウトドア志向。
四季の移ろいを肌で感じ、自然と共に過ごす生活。家族でバーベキューを、仲間を集めてオープンパーティーを楽しむ。それは、家の前を通る人の視線を気にすることなく、のびのびと過ごせる「中庭」を創る、という結論に至りました。
この〝ありそうでなかなかない〟中庭は、風も入らず、外でありながらも完全にプライベートな空間となりました。今や、リビング・ダイニングと同等の、いやそれ以上の、もうひとつのメインステージとして、しっかり暮らしに息づいています。
このスペースは、自分の思いを大切に、自由にカタチにしていくことの素晴らしさを象徴しているK様邸のシンボルなのです。

中庭は住宅とガレージ、物置、高さ2.5mの塀で囲い込むように配置されています

ダイニング&キッチン

「家の中でも開放感」がキーワード。家族がつながる空間

玄関を通り、住まいのメインフロアに入ると、堂々とその存在感を示しているのが、ダイニング&キッチンです。5人のお子様たちと共に家族そろって調理を楽しめるアイランドキッチンでは、今日の一日の出来事など、会話も弾みながら楽しい時間を過ごすことでしょう。そして訪れる友達や仲間達と共に、食卓を囲む賑やかな姿が目に浮かんできます。
もちろんダイニングやリビングからは、中庭への出入りも自由。
となり同士にある、この〝中と外の一体感〟もまた開放感を生み出す大きなポイントとなっています。

天井の曲線デザインと、豊富な間接照明は、昼と夜の、異なる二つの表情を見事に描き出します

シアタールーム&子ども室

住まう人それぞれのスタイルを大切に考えた空間デザイン

K様邸の魅力はこれだけではありません。同じフロアにありながらも、段差を設け、独立した部屋を感じさせるシアタールーム。大画面のAV機器を置いた、K様お気に入りのリラックススペースとなっています。
1階から2階へは、メインフロアのセンター階段から。家族の気配がいつも感じられる設計は、夫人やお子様たちにとって、安心のレイアウトです。2階には、元気なお子様たちの「秘密基地」があります。子ども部屋の上にロフト風の空間を設け、隠れ家的なアソビスペースを演出。上から縄梯子で滑り降りることができる仕掛けもあります。
家族いっしょにいる場所と、個々の時間を楽しむ場所…暮らしの潤いを実感できるのは、住まう人それぞれのスタイルを大切に考えた、空間デザインから生まれてくるのです。

ひと続きのフロアとは思えないほどの落ち着いたゾーンを形成するシアタールーム

どこにいても家族の気配を感じる設計は、いつも温もりや優しさが感じられます

子ども達の空想をかき立て、想像力を育むアソビ場。いつも笑いが絶えません


素材・デザイン

外観からディテールまで完璧なまでのハーモニー

和洋折衷のデザインで、寄棟屋根の落ち着いた外観。そしてタイル張りの高級感あふれる佇まいは、室内のインテリアコーディネートにもつながっていきます。
深みのある色調のダークブラウンとホワイトを基調に、木の質感を効果的に取り入れ、統一感を作り出しています。
天井のなめらかな曲線デザインや、石材、鉄、布、タイルなど、多くの素材をアクセントとしてあしらった空間デザインは、格調高く、上質な印象を作り上げました。
また1階全体の天井と足元のステップなどに間接照明を組み込み、夜になるとホテルのラウンジのような、優雅な雰囲気を演出しました。細部に渡る一つひとつの思いが、毎日の暮らしに、多彩な表情とくつろぎをもたらしています。

さまざまな素材は、コーナー毎のテーマを多彩に表現し、暮らしに潤いをもたらします

玄関の床・壁・天井は、豊かな素材感とコーディネートで、訪れる人の目を楽しませてくれます


施工事例一覧