3つの品質

環境にやさしい、
脱炭素社会の住宅

檜林

日本の平均気温は100年当たり1.24℃
上昇しています。
地球温暖化の原因とされているのが、
大気中に含まれる
二酸化炭素(CO2)の増加です。
日本ハウスホールディングスは、
CO2排出量の削減を目指して、
CO2の吸収量を高め、
木材の中に貯める「檜・木造住宅」を促進し、
また、暮らしのエネルギーを半減する
「高断熱・高気密の家」をご提案します。
そして、自然エネルギーで
暮らしのエネルギーを自給自足します。

※国際環境経済研究所 KON2020 より

日本の森林を守る檜・
木造住宅

森林の多面的機能の発揮

木は光合成により大気中のCO2を吸収しながら成長。成熟した木を伐採して新しい木を植林し、森林全体のCO2吸収量を高めます。日本ハウスHDは国産檜を積極的に使用して、植林・管理・伐採のサイクルを促進。檜の森を育てます。

建築時のCO2排出量が少ない
木造住宅

木造住宅は、鉄骨、鉄筋コンクリート造に比べて、建築時のCO2排出量が少ない

木造住宅は、鉄骨、鉄筋コンクリート造に比べて、建築時のCO2排出量が少ない、今の時代にふさわしい工法です。

炭素を貯蔵することで、
CO2削減に貢献

木材の中にCO2を貯める

木造住宅は、木材の中にCO2を貯める機能を備えています。

暮らしのエネルギーを半減※1
高断熱・高気密の家

暮らしのエネルギーを大きく削減できます

地球温暖化を防止するために。日本ハウスHDは、高水準な断熱性能をさらに高めます。その性能は、概算光熱費で比較すると、従来の住まい※3の約半額に。暮らしのエネルギーを大きく削減できます。

見て聞いて触れて体感しよう!