責任施工

直営工事・専属の棟梁、職人がつくる
顔の見える家づくり

日本ハウスHDでは「つくり手」の顔が見える直営工事と棟梁システムの家づくりにこだわっています。 一生に数回の大事業、お客様と密なコミュニケーションと責任の施工体制にて1棟1棟、大切に仕上げてまいります。

窓口一貫システムで綿密なコミュニケーション

日本ハウスHDは最初のご相談から、敷地調査、設計、工事、完成にいたるまで、 同じ営業マンがお客様の窓口となる「窓口一貫システム」を採用しています。 打ち合わせをすべて記録に残す「筆談」を取り入れるなど、 もっとコミュニケーションを密にすることで楽しい家づくりをしていただきたい、という思いがそこにあります。

専属の棟梁・職人がつくる一棟入魂の家づくり「棟梁システム」

棟梁システムは棟梁を中心に技と心が響きあう家づくりです。 棟梁は、その昔から、地域に根づき、技と知恵と誇りにあふれた家づくりをするスペシャリストでした。 その心意気をまっすぐに受け継いで、思い出に残る、感動できる家づくりのお手伝いをします。

施工体制の違い

下請け方式ではお客様のほうを向いているのは住宅メーカーだけです
代理店方式ではお客様のほうを向いているのは販売代理店だけです
日本ハウスHDの直営方式は住宅メーカーも棟梁・職人さんも同じ立場の施工体制です