檜の魅力

檜と日本人

日本書紀に記された理想の木材「檜」

檜と日本人のつながりは、日本書紀にも記されているように古くから伝えられています。
日本書紀にはこうあります。「杉と樟は、船を造るのによい。槇は棺を造るのによい。そして檜は宮殿をつくるのに最も適している」
これは、古来より日本人が、木材としての檜の魅力を見出していた証と言えるでしょう。


宮大工にとって、木といえば檜

「檜があったから、法隆寺が千三百年たった今も残ってるんです。檜がいかに優れた木か、昔の人は知っておったんです」。 
法隆寺の昭和大修理、薬師寺西塔の復元を手掛けた棟梁として知られる斑鳩の宮大工、西岡常一さんの言葉です。世界最古の木造建築が、今なお現存している事実は、建材としての檜の実力を雄弁に物語っています。
「宮大工にとって、木といえば檜です」と西岡さんは言います。緻密で狂いが少なく、群を抜く強度・耐久性を持ち、しかも木目も美しく芳香も豊か。太古より神社仏閣には欠かせない建材とされてきた檜は、まさに「神の木」。檜こそ、「ほんとうの木」の頂点に立つものといえます。


“檜舞台”は一級の証

“檜舞台に立つ”などの表現に使われる檜舞台とは、江戸時代の歌舞伎に由来します。その当時から檜は高価な建築材であり、檜造りが許されるのは幕府公認の舞台だけでした。そこに立つことは一流の役者であることの証明でもありました。
いまでもオリンピックの様な晴れのステージを「檜舞台」にたとえて、そこに立つ事を「世界の檜舞台に立つ」といったりします。
檜が日本人にとって、どんなに貴重なものであったかを示す言葉です。


さらに詳しくみる

1000年を超えて生きる檜

奈良の都の6割は檜造り

昔の人々は檜のもつ不思議な力を経験的に知っていて、檜をふんだんに使う文化を花咲かせました。奈良時代の都、平城京の6割は檜でできていたといいます。
世界文化遺産に指定された法隆寺は、607年(推古15年)に推古天皇と聖徳太子が奈良・斑鳩(いかるが)の里に開いた寺。その五重塔は建立から1300年以上を経て、今もなお建ち続ける世界最古の木造建築です。それを可能にしたのが檜でした。


千三百年も世界遺産を支える檜の強さ

日本を代表する寺院の法隆寺は、世界最古の木造建築。考えれば、飛鳥時代の木造建築が今も残っていることは驚きです。その佇まいに千三百年という時間の重みを感じることができます。西院伽藍には、圧倒的な迫力で五重塔と金堂が並んで建っています。この金堂にある立派な一枚板の扉は、飛鳥時代の檜だとか。法隆寺がこれほど長い年月を耐えて残った理由は、檜を使っているからだといいます。そして奈良に多く残る歴史的建造物のどれもが、やはり檜で建てられているそうです。


伐採してから1300年後も生きている檜

昭和の法隆寺の大修理では、全体の65%が1300年前の檜をそのまま使うことができました。取り替える必要があったのは、わずかに35%でした。この大修理のとき、垂木などの軒を支える檜材は屋根の重みで曲がり、垂れ下がっていましたが、上に載っていた瓦や屋根土を降ろしたところ、徐々に木が上がり始め、数日後には元の姿に戻ったという話です。修復に携わった名棟梁の故西岡常一さんによれば、その表面をカンナで削ると、檜独特の香りを放ったといいます。

檜の垂木はまるで生きているように、むくむくと元に戻ります。

さらに詳しくみる

知られざる檜の効果・作用

檜のリラクゼーション効果

総檜造りの家や檜風呂は、人々に心地よい安らぎを与えてくれます。それは森林浴をした時と同じようにフィトンチッドを放出し、リラクゼーション効果をもたらしてくれるから。檜の家が家族の健康と安心にとって最良であるといわれるのもそのためです。


防虫・殺菌作用

昔から「檜の家に住むと風邪をひかない」「3年間は蚊がやってこない」などの伝承があります。これは檜の精油成分に自分の身を守る効能があり、伐採された後もその力は持続。虫に食べられにくく、病気などによる腐敗からも身を守っていました。五重塔が1300年以上続いている秘密もそこにあります。


快適な湿度

壁に木の板を貼った部屋とビニールクロスを貼った部屋で、室内を加湿/除湿してみました。ビニールクロスを貼った部屋では湿度が大きく変化しますが、不思議なことに、木の板の部屋では快適な湿度にほぼ一定しています。これが木の調湿機能の効果。構造体にも木を使用している木造住宅なら住まいの内部にまでこうした木の優れた調湿機能が発揮され、家全体をここちよく丈夫に保ちます。

木の板を貼った部屋は快適な湿度が常に保たれます。 加湿中59%。その後除湿をしても55%を維持

さらに詳しくみる

檜の住まいデザイン

日本古来の美しい柱が見える空間

真壁和室

真壁和室

現代では、数少なくなった構造体の柱を見せる和室。檜の柱だからこそ、強さと優しさを感じることができる空間がそこにあります。

大黒柱

昔から、一家を支える主が「大黒柱」と呼ばれていたように、家の中心で住まいを支える重要な柱。

檜羽目板

壁や天井に仕上材として利用する事で、人に安らぎを与えてくれる効果を期待できます。また、吸放湿効果があるため、空気中の湿度調整も期待できます。


日本の美意識とモダンの粋な融合


さらに詳しくみる

理想の木材「檜」

檜がなぜ理想の木材なのか

檜と杉、トドマツ、エゾ松の曲げ、圧縮強さを計測したグラフ。檜はほかの3材料よりも高い値を示した

ほかの材料と比べても強度が高い

檜の強度実験で曲げ、圧縮強さが高いことが実証されています。

木材と鉄の加熱による強度低下のグラフ。鉄よりも木材は強度が低下しにくく長い時間耐えられることを示す

住宅の構造材に最適

鉄に比べて火に強く、住宅の構造材として最も適しています。


「檜無垢柱」の強さの秘密

4寸柱と3.5寸柱では断面積は1.3倍だが、圧縮強さは1.9倍になる

太い柱が建物を守る

4寸(120mm)と3.5寸(105mm)では、柱の太さの差は断面積で1.3倍ですが、最大荷重は1.9倍の実験結果があります。 地震等による上下動に対し、太い柱の方が建物をより安全に支える事がわかります。

檜無垢柱の面に切溝を入れる

強さを高める加工

「檜無垢柱」4面に切溝を入れる事でさらに、強度と耐久性を高めます。


日本ハウスの檜は血統書付き

檜の中でもエリートの檜を使用。日本ハウスの檜柱は、血統書付きの檜。どこで生産され、加工されたかがわかります。


さらに詳しくみる