2015年、東日本ハウスは日本ハウスHDに社名変更しました。

環境への取り組み環境活動の歩み

1979年(昭和54年) 耐震ベルト、ディープアンカーボルト、マイティプレートなどを採用した「耐震施工住宅」を発売
1981年(昭和56年) 耐震ベルト工法の特許取得
1986年(昭和61年) 高気密断熱、パッシブソーラー、耐震テクノロジーを組み入れた「NEW・TECHシリーズ」を発売
1987年(昭和62年) 全商品長期10年保証制度を開始
1991年(平成3年) 京セラとソーラーシステムハウス共同開発PJ発足
1992年(平成4年) 建設省「新世代木造住宅供給システム」認定取得
「木造住宅合理化システム」認定取得
檜4寸構造、天井高さ2.6Mを標準採用した「近代和風やまと」を発売
1993年(平成5年) 通産省「ソーラー・システム普及啓蒙促進事業」の第1号適用
軸組みパネル化工法の標準化として「新木造システム」の販売開始
山を守り森を育てる一環として社員、日盛会での植樹祭開始
1994年(平成6年) ソーラー給湯とソーラー発電を搭載した「ソーラーシステムハウス」を発売
1995年(平成7年) 全商品長期20年保証制度を開始
「新木造システム」を標準化し全国販売開始
1997年(平成9年) 耐久性向上技術の整備として「CHS住宅」認定取得
工事の合理化に向けて次世代住宅PJ着手
1999年(平成11年) 「環境共生住宅」認定取得
環境共生住宅対応商品として3階建て+ソーラーシステム搭載の「スーパーエコイズム」発売
2000年(平成12年) 劣化対策等級3を標準化
2001年(平成13年) 自然と環境を住宅に取り入れる設計方法「親自然デザイン」を開発
東日本ウッドワークス北海道でISO14001取得
2003年(平成15年) バリアフリー性向上のため全商品をメーターモジュール標準化
オール電化の家「オーレック」発売
ソーラー発電の家「ソーラーハウスE」発売
小屋パネルで構造の立体効果や気密性を向上した「新木造BOXシステム」 を開発
F☆☆☆☆建材の標準仕様で室内空気環境等級3の標準化
全棟での気密測定試験、ホルムアルデヒド測定試験を開始
2006年(平成18年) 新木造システムパネルで壁倍率5倍の大臣認定取得
檜4.5寸柱を採用した骨太100年の家「館シリーズ」発売
2008年(平成20年) エコ、安心安全、健康快適をテーマとした「スーパーエコイズム40」を発売
60年定期点検システムを導入
耐震等級3の標準化
次世代省エネルギー基準標準化
住宅性能表示制度の積極活用開始
CASBEEの評価員資格取得促進
高耐久住宅宣言(五つのこだわり)
2009年(平成21年) 床強度を向上させた「新木造ストロング工法」を開発
エコ、自然素材をテーマとした「エコナチュレ41」発売を開始
2012年(平成24年) 全商品に太陽光発電システムを価格据え置きで標準搭載
※現在、1部対象外商品もございます