第8回キッズデザイン賞受賞

日本ハウスHDは2013年のキッズデザイン賞「子供の未来デザイン 学び・理解力部門」にて下記の2項目を受賞し、4年連続の受賞となりました。

受賞1 こどもが造る室内環境「いごこちくうかん」子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門

さあ、こどもと一緒に子供部屋をしっかり考えよう。

家の中でも子ども部屋は使われる時間が長い空間です。家族の一員であることを再認識するためにも、家づくりに子どもが参加することは大切なことだと考えます。どんな部屋にしたら「勉強がはかどるか」「夜、ぐっすり眠れそうか」「風通しは」「静かさは」「暖かさは」など、家づくりについてのいろいろなことを子どもたちが考える機会を提案いたします。

詳しくはこちら(PDF)

受賞2 子育てを応援する自由自在な家「ちょこっと二世帯」子どもたちを産み育てやすいデザイン部門

子育て時期に、二世帯で住むライフスタイルを提案。

完全な二世帯ではなく、子育ての一時期を二世帯で同居することによって、両世帯の経済的、精神的負担を減らします。日本ハウスHD独自のグッドストロング工法は内部の間仕切りの変更等が容易なので二世帯で住むための改装費を抑える事が可能となります。子どもが小さな時だけでも孫と一緒に暮らしたい。子育てを祖父母に手伝って欲しい。そんな2つの世帯の願いを叶える家です。

詳しくはこちら(PDF)

キッズデザイン賞とは

キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的とした顕彰制度です。詳しくは、キッズデザイン賞のWEBサイトをご覧ください。

キッズデザイン賞のWEBサイトへ